ジェットクリーンMK方法

水だけを使用して粉塵・埃の飛散をなくしたクリーンな工法

 年々深刻化するアスベスト問題に対し、当社は様々な工法を駆使し対応して参りましたが、この度新たにウォータージェット工法を採用、「ジェットクリーンMK工法」として商標登録いたしました。アスベストが含まれる塗材剥離工事において、さらなる作業員の安全、近隣の安全、コストの低減を実現。環境に配慮した画期的な工法です。

◆湿式による切削除去であり、吸引回収を行うことにより石綿の飛散リスクが他工法に比べ圧倒的に少ない
◆様々な種類の仕上塗材の除去はもとより、下地調整塗材の除去が可能である
◆仕上塗材と下地調整塗材を同時(1工程)で除去可能である
◆除去速度は他工法に比べ圧倒的に速い

システム概要図

ウォータージェット排水回収再生装置処理フロー

アスベスト排水用 ECOクリーンの特長

◆親水性PTFE膜を採用し、0.15μm 99%の高清澄度を実現(アスベスト排水処理に最適)
◆大面積を有したプリーツ型フィルターを採用し、コンパクトなのに大流量
◆糸巻きフィルター等の使い捨てフィルターではないため、フィルター廃棄物(廃石綿)の量を削減
◆擬集沈降方式の1/10のランニングコスト
◆表面濾過により目詰まりが発生しにくく、自動再生が可能
◆コンパクトな設計のため、狭い現場でも使用可能

環境問題への取り組み一覧に戻る